本当は教えたくない!着物買取スタッフのホンネ

着物を活かす方法として

タンスや押し入れにしまったままの着物はありませんか?
成人式に着た振袖などは年齢が高くなると似合わなくなってきてしまいます。思い入れのある着物は、思い出としてとっておくのも良いですが良い物ほど管理が難しいものです。正絹などの素材は経年劣化の心配もあります。譲る予定がなかったら、その美しい状態のままで着物を着てくれる方に届けるのも着物を活かす方法です。
そのためには着物専門の買取業者に売却を検討してみましょう。古着としてリサイクルショップなどで買い取ってもらうことも出来ますが、着物は奥が深い物です。着物の知識が豊富で価値がわかる専門の業者に依頼するのが最適な売却方法となります。着物と合わせた帯や羽織、和装小物などもまとめて取り扱う買取業者もあります。

着物を買取りに出す前に

着物は未使用であったり、着用した回数が少なく状態が良ければ査定の評価も高くなるのが一般的です。
しかし、長い間の保管状況で色あせや虫食い、カビなどが発生している可能性もあります。査定を依頼する前に、シミや汚れがないかを含め着物の状態をチェックしましょう。シミや汚れは無理に処理しようとすると着物を傷めてしまいます。シミや汚れがある場合は事前に買取業者に問い合わせてください。軽度のシミや汚れであればプロが処理して着物として活用されます。
買取業者によっては古い着物やリメイク品に加工するところもあり、着物が傷んでいてもあきらめずに相談してみましょう。着物の良さが見直されてきていて、ファッションに取り入れたりおしゃれに着こなすなど着物の人気が高まっています。売却するなら今がチャンスです。

© Copyright Kimono Styles. All Rights Reserved.